henna

  • ●ヘナは何色?

    通常ヘナ100%の商品であれば粉はオリーブグリーンか抹茶のような緑色をしています。この粉にぬるま湯などを加えペースト状に練ったものを髪や体に塗り数分から数時間おいた後、洗い流すとオレンジ色の色素が髪や皮膚に残ります。皮膚の場合は翌日には茶色から焦げ茶色に少しずつ変化します。ちなみにヘナの髪染めで通常の白髪染めのようにシッカリ染まる場合はヘナ粉に化学染料が含まれている場合がありますのでそのような商品は注意が必要です。

  • ●ヘナで描くボディペイントとは

    巷に出回る髪染め用又はトリートメント用のヘナ粉は、水分を加えるとトロ味のあるペースト状になります。
    固さのイメージとしては絵の具やマヨネーズと言ったところでしょうか。それを描きやすい容器(ティップ)または製菓の絞り袋を小型にしたような袋(コーン)に詰め、ペーストを丁寧に絞り出しながら体に描きます。体に描く場合は勿論下描きはなく、アーティストのイメージをそのままペーストに込めて表現します。

  • s_henna02

s_henna03

  • ●ヘナは安全?身体に塗って大丈夫?

    まれにアレルギー反応や体調によっては香りも合わない場合があります。又ペースト調合時にレモンなどの橘系の果汁や時にはエッセンシャルオイルを微量ですが調合することもありますので、心配な方はご相談ください。ただし実際に肌に塗ってみないと判らないこともありますので、ペイント施述を初体験の際はある程度自己責任も必要になります。天然素材とは言え、万人に問題ないと言うことはありません。

  • ●ヘナアートはタトゥなのか?

    henna-lincoではヘナペーストで描く施述をヘナアート又はボディペインティングと称してします。時々ヘナタトゥと表現しているアーティストもいますが、henna-lincoでは皮膚に彫る、刺すの行為は一切行っていません。又ヘナアートは一般的に『メヘンディ』と称している場合が殆どですが、私が描くヘナ画は熟練メヘンディアーティストのように繊細な連続模様でもなく左右対称に描くでもなく自由に表現している都合あえて『メヘンディ』ではなく『ナアート』又は『ボディペインティング』と呼ぶことにしています。^^;

※HENNA-LINCOでは分量や調合に関する細かな情報は提供していません。